プラグイン『WP File Cache』のキャッシュファイルが肥大化して削除出来なくなった件 はてなブックマーク

Category : WEB・PC関連

sixcore-cron-setup-img

とあるサイトを運営しているサーバーがえらいことに!!

WordPressの表示を速くする便利なキャッシュプラグイン『WP File Cache』がえらいことになってました。結論から言うと・・・

なんと!

キャッシュファイルがいつの間にかふくれあがり、気付いたときにはサーバーを圧迫し、空き容量が0バイトになってました(゚ー゚;

2GB/50GB とかなり余裕のあるサイト運営だったので、サーバーの空き容量を確認したのはかなり前のこと。まさかこんなえらいことになってるなんて思っても見なかった。


ここからが苦難の始まり 

今思えば、確かに前兆なる症状が有りました。

  1. バックアッププラグイン『UpdraftPlus』が時々エラーを出し始めた。
  2. 画像のアップロードに失敗するようになった。
  3. サイトのサムネイルが所々消えている。

併用している『WP Super Cache』のキャッシュを時々削除していたので、症状が時々出ないのはそのせいだった見たいです。


特に酷いディレクトリがこちら

/wp-content/plugins/wp-file-cache/cache/terms

こいつが容量の大半を占めてます。



原因が分かったのでこのプラグインを削除

WordPress管理画面から削除しようと思ったら500エラーが出て削除出来ない! 仕方ないので、FTPクライアントから直接削除しようにも全く削除出来ない状態。(1KB~10KBの小さいサイズのファイルが無数に有るようで、1時間放置しても容量に変化無し)


telnet/SSHが使えない!

ハッキリ言ってど素人のわたし。それでもなんとかせねばと調べた結果、LinuxサーバーならtelnetやSSHを使い、コマンドで直接削除できるようです。これこれっ!と思い実行しようと思ったら

現在使用中のサーバー(sixcore)ではtelnet/SSH未対応!

こうなったらカスタマーサービスにお願いして消してもらおうとコンタクトを取ったら『原則、お客様のデータの編集や削除等は対応していない』との回答・・・・・

でも気の利く担当者様から『Cron設定』を利用すればコマンドの実行が可能とアドバイスを頂く。但しコマンドに関してもサポート外(゚ー゚;

調べた結果、該当ディレクトリまでの絶対パス削除のコマンドでいけそう。


シックスコアのサーバー管理ツールを開き

sixcore-cron-setup-delete

①サイドバーのCron設定をクリック

②Cron追加をクリック

③Cron編集

スケジュール設定はお好みで設定。

※たとえば分を『3』、時・日・月・曜日を『*』にすると毎時3分に実行。


コマンド例:

find /home/サーバID/独自ドメイン/public_html/WPディレクトリ/wp-content/plugins/wp-file-cashe -delete

※オレンジ部分はサイトにより異なります。あと findwp-file-cashe の後に半角スペースを入れる。


この例では、長針が真上の時に確定ボタンを押すと、3分後にwp-file-cashe削除が開始されます。


結果は?

FTPクライアントから削除したときと違い、48GBものキャッシュファイルを約1時間で消し去ってくれました\(^^)/


今回の『WP File Cache』に限らず、ファイルやフォルダの削除でおこまりの素人(わたしのような)の方は参考にしてみて下さい。








WordPress