キッチン用シングルレバー混合水栓のホース部分から水漏れしたので交換しました(DIY)

Category : DIY, その他豆知識

FB273GK5E-MYM


入居10年目にして、キッチンの蛇口(引出ホース部分)から水が漏れ出しました。

  • 蛇口の型番:MYM社製のシングルレバー混合水栓(FB273GK5E)


思い当たる原因がいくつかあります。

  1. MYM社製のメタルホースの耐用年数は10年くらいらしい
  2. 3日ほど前にセントラルタイプの浄水器フィルターを交換した直後から漏れ出した。

1.については、調べたところホースのなかにコーティングされているゴムが、約十年でボロボロに劣化するらしい(環境にもよりますが)。2.についてはメーターボックスに設置する浄水器(家中の水が綺麗になる優れもの)。カートリッジを交換した結果、水圧が上がりゴムの劣化を後押ししたと推測しました。


システムキッチンの引出を取り外し、シンクの下を確認してみたところ、

なんと!ホースを伝って水がダダ漏れ!!

漏れるのは水を出した時だけですが、急を要します!



ホースのみ交換できるか調べました。

単品購入も可能で、取り替えも比較的簡単みたいですが、ホースのみでこの値段。ちょっと高いです。

ということで、スッキリ、サッパリと全部交換する事にしました。


デザイン、機能、値段でとてもバランスの良い商品が見つかりました。

取付穴もφ36〜φ38mm現在の水栓と同じです。


取り替え工事開始!


既存の水栓(MYM)を取り外します。徹底的に下調べをしたので、スムーズにいくはず・・・

まずシンク下に潜り込んで根元を確認。

suisen-torikae-02


先端に赤い部品が付いた真鍮の棒が見えます。これ自体ナットになっているので外せば、上部のリング状の部品(馬蹄座金)が緩み、本体が上の方にぬけるようです。



この順番ですすめます。(貯まっている水が吹き出るのでタオルを敷いて作業)

suisen-torikae-03

①元栓を閉める(マイナスドライバーの場合も有り)

②赤い部分を下に引っ張りながら、ホースを下に引っ張って抜く。

③黄色い部分(裏にも有り)を押しながら黒い部分を引き下げホースを上方向に抜く。

④プライヤーやモンキーで緩め、途中から手で回して外す。


本体を引き抜く時、邪魔になるのでココも外しておきます。

suisen-torikae-06



無事に引き抜けました。

suisen-torikae-04


そして新たに取り付ける水栓(KVKシングルレバー混合栓栓 KM5021T)

suisen-torikae-05


この水栓は大きいナット(対辺38mm)で締め付けるタイプ。(手が入るんだろうか?)


取付手順

本体からナット、白いワッシャ、黒いパッキン、青いカプラーを外しておきます。


注意!

本体根元に張り付いているスポンジパッキンがシールになっているので、紙を忘れずに剥がしておく。

シールになっているので蛇口の位置は一発で決めないといけません


慎重に本体を差し込みます(正面という目印で位置を合わせる)。

suisen-torikae-07


問題のナットを裏から、手で行けるところまで締め付けます。

suisen-torikae-10

最後の締め付けは専用工具をつかいますが、今回は注文し忘れたので、ウォーターレンチでちょっとずつですが何とか締め付けることができました。


絶対に専用工具がおすすめ


あとはホースをカチッと接続して終わりのはずでしたが、カプラーの形状が違いました。

付属の部品と交換してホースを接続。

suisen-torikae-08



外れ防止クリップで止めて無事完成!

suisen-torikae-09

画像に写ってませんが、万が一漏れても被害が最小限ですむように、メタルホースの下に付属のトレーを配置しています。時々チェックしないと・・・



完成!

suisen-torikae-10

シャワーとストレートの切替がプッシュ式になって超快適!


所要時間:約1時間








修理水回り